2018年6月25日月曜日

応援イベント取材レポート<99>


201863日(日曜日)晴れ

今回の「ACTIVE!!マンション応援プログラム」イベントレポートは神奈川県横浜市のマンションで開催されました「消防訓練・懇親会」です。

梅雨の前にして早くも今年の夏も暑くなりそうだと感じてしまうほど日差しが強く、晴れた日です。取材班が到着した時にはすでに準備が開始されていました。

立ち合いにいらっしゃった消防の方との打合せも済ませ、訓練の開始です。






係の方がマンション管内の各所に配置され、館内放送とともに「火事だ!」と声をかけて避難を促します

各住戸の方が続々とマンションの中庭に集合してきました。


集合できたところで、管理組合の理事長からの挨拶と、消防の方からのお話しをいただきました。



さて次は、集会所に移動してAEDの訓練を行います。
最初にAEDの使用方法についてレクチャーを受けます。

住民の方からは積極的に質問が出て、皆様の意識の高さがうかがえます。
中には使用する対象者が子供だった場合の使用方法や、AED機器の機種による仕様の違いなど、広範囲な質問がありました。



説明を受けた後は、皆さん交代で実践してみます。
単にAEDに使用方法を知っているだけでなく、倒れている人への対応や、胸骨圧迫の方法なども知っていることが人命救助の確立を上げるのです。

実際にやってみると、リズム良く、確実に胸骨圧迫を行うのは結構大変だということが分かります。


皆さんができたところで、次は消火器の使用訓練です。
こちらも実践形式で水の入った消火器を操作します。

移動する前にピンを抜いてしまうと持ち運びの際に消火剤が噴射されてしまう可能性があるなど、実際に使ってみることでわかることもたくさんあります。

冬の訓練ではないので、水が冷たくなくていいですね。

実際の消防訓練は以上ですが、この後防災倉庫などの見学を行いました。

こちらのマンションは以前より防災に対する意識が非常に高く、災害対策委員会が検討を行った様々な備蓄品、機材を防災倉庫に保管しています。
いざという時の為、住民の皆さんが知っておくことも必要です。
複数の保管場所や、駐車場の防犯設備なども見学しました。

さて、訓練は以上です。
一旦解散し、集会所の準備を整えて再度集合して、懇親会の開始です。

テーブルにはお食事や飲み物、もちろんビールなども用意され、楽しい懇親会が始まりました。






あちこちで今日の訓練に関するお話や、楽しいご歓談が続きます。
実は取材班も少しご相伴にあずかってしまいました。
ありがとうございました!






懇親会の途中、当社のスタッフが今回のACTIVE!!マンション応援プログラムの応援金をその場でお渡しし、皆様に大きな拍手を頂戴しました。こちらもありがとうございました。
また、こちらのマンションに導入されている当社の災害時ICTサービス『ゆいぽた』についても説明をさせていただきました。
この後も懇親会は続いていましたが、取材班はこちらで失礼させていただきました。


訓練の際に消防の方もはっきりお話されましたが、確実に起こるであろう首都直下型地震や東南海トラフ地震などの大規模災害が発生した場合、消防・救急だけでなく警察や自衛隊などを含む公助には頼れないのが現実です。そのためにも、特にマンションという集合住宅では、居住者の皆さんが互いに助けあい、被災生活を送る準備をしておかなくてはいけません。
その為に、こちらのマンションのように意識を高く持ち続け、様々な準備をしておくことは大変有意義であると同時に、その意識はマンション住民をつなげ、防災以外でも防犯効果が上がる、資産価値の維持向上につながる、など様々なメリットがあります。

当社も災害時ICTサービス『ゆいぽた』やその他コミュニティ創りなど少しでもお役に立てるお手伝いをさせていただきますので、今後も防災活動にさらに力を入れていただきたいと思います。

ACTIVE!!マンション応援プログラムでは、まだまだ応募を受け付けています。当社スタッフもお手伝いをさせていただきマンションコミュニティ創りをお手伝いさせていただきます。各管理組合の皆様は、当社のマンションライフアドバイザに是非一度、お気軽にご相談、ご応募ください。

株式会社テンフィートライト
ACTIVE!!マンション応援プログラム事務局 城戸

2018年5月28日月曜日

応援イベント取材レポート<98>


2018512日(土曜日)晴れ

今回の「ACTIVE!!マンション応援プログラム」イベントレポートは兵庫県神戸市のマンションで開催されました「落語会」です。

こちらのマンションでは、AKB65の会」の主催により、居住者(主に高齢者の方)のコミュニケーション、活力向上を目的として1回程度、音楽コンサートを中心に、健康や福祉に係る講演、ボランティアなど幅広いイベントを開催していらっしゃいます。

今回は、日本唯一の福祉落語家「壽文寿」師匠の独演会に取材でお邪魔いたしました。
-----------------------------------------------------------------------------
◆壽文寿(ことぶき もんじゅ)師匠のご紹介
 昭和46年「橘右近」に師事、昭和47年に初高座、今年芸歴46年を迎える上方落語の
 大御所です。平成301月には高座7,000席を達成されました。

 平成7年に発生した阪神淡路大震災の際には笑いで被災者を励まそうと仮設住宅を
 慰問し、無償で落語を演じられました。その活動が評価され、平成1041日に
 兵庫県公認で日本唯一の福祉落語家を名乗られました。

 現在も近畿圏を中心に、高齢者を対象とした福祉行事やイベントへ精力的に出演を
 されています。
----------------------------------------------------------------------------

落語会の開演時間がせまり、居住者が続々と受付を済ませていきます。

AKB65の会」の会員でなくても、申込みをすれば誰でも参加が可能です。









落語会ということで、即席の高座も用意されました。


用意された座布団に師匠は「ふかふかで気持ちがいい」と仰っていました。





開演時間となり、会場のパーティールームは満員です。
冒頭では恒例の、AKBの会会長より本日の催しについてユーモアを交えた説明がされました。
師匠ご紹介の際には、端々で師匠から「修正」が入れられ、会場の空気も和やかに、温まってきました





師匠が盛大な拍手と共に登場されました。
まずは自己紹介、自身の芸歴と福祉落語について、時事ネタや風刺を交えながらユーモアに溢れた説明をされます。
早くも会場は師匠の空気に染まり、その後の演目への期待が膨らんできます。

師匠には本日二席を演じていただき、その他いくつかの小噺もしていただきました。
古典落語も現代人の言葉で話され、現代風のくすぐりもあり、わかりやすく聞くことが出来ました。
会場は終始笑いと拍手に包まれ、あっという間に時間が過ぎ、落語会は無事に終了いたしました。





余談ですが、落語会中の休憩時間に、会長のご厚意で弊社テンフィートライトの紹介と応援金贈呈のお時間をいただきました。

応援金の手渡しの際は会場から温かな拍手をいただきました。









マンション居住者の高齢化は何年も前から問題視され対策が模索されていますが、実践できているマンションはまだ少数だと思われます。今回の福祉落語のような個別の活動だけでなく、支援活動を行っている企業・自治体もたくさんあるので、積極的に利用してみるのもいいかもしれません。

弊社も積極的に応援させていただき、高齢者が元気なマンションとして繁栄されることを、お祈りさせていただきます。

ACTIVE!!マンション応援プログラムでは、まだまだ応募を受け付けています。当社スタッフもお手伝いをさせていただきマンションコミュニティ創りをお手伝いさせていただきます。各管理組合の皆様は、当社のマンションライフアドバイザに是非一度、お気軽にご相談、ご応募ください。

株式会社テンフィートライト
西日本営業ユニット 高橋



2018年3月6日火曜日

応援イベント取材レポート<97>


2018218日(日曜日)晴れ

今回の「ACTIVE!!マンション応援プログラム」イベントレポートは東京都板橋区のマンションで開催されました「防災倉庫見学会・懇親会」です。

一年で一番寒い時期に違わず、とても寒い日です。
それでも室内の懇親会会場はすでに準備が整い、大人の方たちが遊具を試しています。

すでに楽しそうですね





でも、まずは今回のテーマでもある防災倉庫の見学です。

防災委員会が立ち上がり、時間をかけて準備したこの防災倉庫は、住民の皆さんが場所や内容物をきちんと知っていることが、災害発生時には大きなポイントになります。




見学している住民の皆様も、真剣なまなざしで見学です。このように準備を進めていくことで住民の防災意識も向上するきかっけとなります。





この後、懇親会会場に移動しましたが、そちらにも備蓄品の一部が展示され、防災の意識を高めつつ、懇親会へ導入するという工夫が見事でした。






さて、そんなところで懇親会の開始です。
会場にはいくつも子供さんが遊べるゲームなどが準備されています。

まず目に入ってくるのが「パターゴルフ」

ゴルフは大人だけではありません。
子供だって楽しく遊びます。
いくつか入れば賞品のお菓子もゲット!真剣に取り組む子も・・・。
将来が楽しみですね。



そして、定番の「射的」です。
こちらも大人気で、沢山の子供さんが並んでいます。


うまく当たるかな?






変わったところでは「ダーツ」のコーナーがあります。これは、実行委員の方の私物だそうです。PCとつなげて点数も本格的に出ます。私も一台欲しい!と感じました。

子供さんでも遊べるように矢は柔らかい素材で、けがをしないように配慮されています。






他にも「ミニ卓球台」(ネットを張れば、テーブルが早変わり!)や「くつろぎコーナー」もあります。

くつろぎコーナーの畳は、これも備蓄品として準備されたものだそうです。このように平時でも利用ができるものは、いい備蓄品の考え方だと思います。


そして、最後にビンゴ大会です。

大人も子供も楽しみにしていたようで、一番の盛り上がりです。









賞品もたくさんあります。
全員が当たるのも大変楽しいですね。









全てが終了後、取材班はこれで失礼しましたが、会場では皆さんが残ってまだ遊びは続いています。





住民の方の工夫で、普段はあまり気にしていない「防災意識」と「懇親」の両方が向上できたのではないでしょうか。

マンションのコミュニティ創りは単なる仲良しだけでなく、互いに助け合うことができる環境づくりなのだと実感しました。

今後、さらに防災に関しては力を入れていくとのこと。是非、今後も工夫を凝らしてコミュニティ活性化と防災意識の向上を目指していただきたいと思います。

ACTIVE!!マンション応援プログラムでは、まだまだ応募を受け付けています。当社スタッフもお手伝いをさせていただきマンションコミュニティ創りをお手伝いさせていただきます。各管理組合の皆様は、当社のマンションライフアドバイザに是非一度、お気軽にご相談、ご応募ください。

株式会社テンフィートライト
ACTIVE!!マンション応援プログラム事務局 城戸






2018年1月28日日曜日

応援イベント取材レポート<96>

20171223日(土)晴れ

今回のイベントレポートは奈良県生駒市のマンションからです。
イベント前の数日は、どんよりとした曇りに低い気温と冬らしい天気が続いていましたが、当日はっぱりとした冬晴れで、日差しの下では温かさも感じます。思わず外に出たくなるような陽気です。


今回のイベントは「もちつき大会」





こちらのマンションでは、居住者同士のコミュニケーションが防犯・防災において重要であると認識しており、不定期でマンション内イベントを開催しています。
今回の「もちつき大会」は、こちらのマンションでは初の試みでありましたが、知り合いの方から道具一式を寄贈いただくことができ、さらに餅つきの手順についても、レクチャーを受けるなど用意周到で、会場には安心と期待の雰囲気が広がっています。

後日談ですが、寄贈いただいた道具の釜などが、災害時の炊き出しにも役に立つとのことで保存を理事会で決められたそうです。


さて、もちつきの手順についてご存知ない方も多くいらっしゃるかと思いますので、イベントの様子を交えながらご説明いたします。

もち米を蒸す
水に浸けたもち米をせいろに入れ、水を沸騰させた窯に1段、2段、3段と積んでいき蒸していきます。

所定の時間の後、1段目のもち米を臼へ移します。この時臼にお湯を張り、杵をお湯に浸けておくと臼や杵が温まり水で濡れるので、餅が冷めにくくなったり、くっつきにくくなって、つきやすくなるなど、次からの作業が楽になります。
普段見慣れない道具という事もあり、居住者の皆様も珍しそうに写真を撮ってました。
湯気が出始めると、子供たちが「まだかな?」といった様子で近づいてきます。


もち米をこねる
臼に移したもち米を2人掛かりでこねていきます。

この作業を「こわづき」といい、もちの食感や風味などを左右する重要な工程です。
この作業をせずにいきなりついてもうまくいきません。もち米の形がなくなり、粘り気が出てくるまで丁寧にこねていきます。

ちなみにこの工程で終了すれば、美味しいおはぎを作る事もできます。




もちをつく(第1段階)
ここまで下準備をし、晴れてもちつき開始です。

2人で交互についていき、たまにもちを返すなどして形を整え、粘り気と弾力を出していきます。










マンションに「ぺったん、ぺったん」とキレの良い音が響き、周りでは皆さんが興味深そうに作業を見守っています。





もちをつく(第2段階)
つく人、こねる人に分かれて、もちつきを行います。つく、こねる、返すを繰り返してもちを成形していき、柔らかく伸びるようになったら完成です。
「よいしょー!!」の掛け声と共に杵が振り下ろされ、「ぺちん!」と良い音が響きます。

子供たちも興味津々で、順番にもちつきを行っていました。

周囲のリードが上手いのか、子供たちも手際よくもちをついています。






世代問わず楽しめ、コミュニケーションをとれるのも、もちつきの魅力ですね。


味付け
出来たてのおもちを食べやすい大きさに分け、味をつけていきます。
今回は大根おろしときな粉、そしてお汁粉の3種類
子供たちも積極的にお手伝いをしています。






私も大根おろしをいただきました。
さっぱりとしていて、いくらでも食べられる気がします。






集会室では出来上がったおもちをお持ち帰り用に手分けして成形しています。
とても柔らかそうで見ているだけでおいしそうな感じが伝わってきます。おもちは日持ちもしますので、楽しみが続きますね。










以上がもちつきの手順です。



昔から親しい間柄のことを、「同じ釜の飯を食った仲」なんて言い方をしますが、もちつきは作るところから誰でも参加できます。それに1人で作るのは難しく、多く人の協力が必要です。交流を深めるイベントとして、とても適した行事でしょう。

理事長とも少しお話をさせていただきました。
「このマンションも竣工から年月が経ち、居住者も代替わりの時期に来ています。マンションコミュニティの醸成は、防犯・防災の面では不可欠です。初めての試みでしたが、たくさんの方に参加いただけて良かった。」とお話ししてくださいました。

微力ではありますが、弊社もお力になれればと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ACTIVE!!マンション応援プログラムでは、まだまだ応募を受け付けています。当社スタッフもお手伝いをさせていただきマンションコミュニティ創りをお手伝いさせていただきます。各管理組合の皆様は、当社のマンションライフアドバイザに是非一度、お気軽にご相談、ご応募ください。

株式会社テンフィートライト
ウエストデベロップメントユニット 高橋




2018年1月17日水曜日

応援イベント取材レポート<95>

20171126日(日曜日)晴れ

今回の「ACTIVE!!マンション応援プログラム」イベントレポートは東京都清瀬市のマンションで開催されました「防災訓練」です。

この日は朝から暖かい日差しの注ぐ穏やかな日となりました。このマンションでは、
災害対策に力を入れており、災害対策委員を中心に毎年大きな訓練を行っています。

すでにマンションの集会室では事前の打ち合わせが行われています。

多摩地区でM7.3の地震が発生、清瀬市で震度6強を観測したことを想定して、災害対策本部の設置から「情報」「救護」「防火安全」「物資」各班が指示に従って行動するという本格的な訓練です。




打合せが終了したところで、マンションの中庭に集合し、トランシーバー等の機材も確認します。




そして、いよいよ訓練の開始です。安否、被害状況等を確認するため班ごとに行動します。









情報はトランシーバーで刻々と本部へ報告され、集約していきます。
本部からも鋭い指示が飛び各班も対応、緊張感が高まります。
このように普段使い慣れないトランシーバーなどの資機材も、訓練で使用することで、いざという時に困らないようにできます。




確認が終了し、再度エントランスに集合しました。ここまでなんと25分。前年の訓練の時より大幅に短縮されたそうです。
立ち合いに来られていた市役所の防災防犯課の方の終了後の総評で、お褒めの言葉をいただきました。これも普段の意識、訓練の賜物でしょうね。

そのあとは、消防の方による消火器の使用訓練です。







説明を聞いた後は、各住民の皆様も順番で実際に操作してみます。






それから、AEDの操作訓練です。。
こちらも実際には必ず必要になる胸骨圧迫(現在は心臓マッサージと言わず、胸骨圧迫という言い方をするようになりました。)も行います。



全ての訓練が終了しました。
市から提供いただいた備蓄食料の試食や、防災トイレ・発電機などの展示もありました。









全体を通して災害に対する意識の高さを感じる訓練でした。
一般のマンションで実施されている避難訓練は住民の参加を増やすために理事会や防災委員の方は大変苦労されていますが、こちらのマンションでは災害時に班係が決まっている方の「防災組織訓練」のようなもので、実際に災害発生時にはこのように係を経験した方の行動が重要なのではと考えさせられる訓練でした。

外部のアドバイザーの方からも「夜間に発生したらどうなるかを想像しながら行動してください。」とお言葉がありました。
様々な想定の訓練を重ねることで、災害への「備災力」が高まるのではないでしょうか。
是非、今後も意識を高くもって続けていただきたいと思います。
もちろん当社もサポートさせていただきます。

ACTIVE!!マンション応援プログラムでは、まだまだ応募を受け付けています。当社スタッフもお手伝いをさせていただきマンションコミュニティ創りをお手伝いさせていただきます。各管理組合の皆様は、当社のマンションライフアドバイザに是非一度、お気軽にご相談、ご応募ください。

株式会社テンフィートライト
ACTIVE!!マンション応援プログラム事務局 城戸



2018年1月9日火曜日

応援イベント取材レポート<94>

20171216日(土曜日)晴れ

今回の「ACTIVE!!マンション応援プログラム」イベントレポートは東京都八王子市のマンションで開催されました「クリスマス会」です。

年末に近づき、さすがに冬らしい寒い日です。でも、子供たちを中心に、楽しみにこの日を待っていた方がたくさんいるのだろうなと、取材班もウキウキした気分でお邪魔しました。

すでにマンションの集会室では準備も整っているようです。

係の方も毎年入れ替わるので、手作りの工作コーナーやお楽しみには、企画段階からご苦労があるようです。





今年の目玉は工作コーナー。手作りの「松ぼっくりツリー」と「クリスマスリース」を作るのですが、係の方は松ぼっくりと木の枝を自然の中から調達して、事前に加工を加えるなどの準備をされたようです。









さすがにご苦労のかいもあり、見本として置かれていたツリーはとてもキレイで、クリスマスらしさを感じさせます。







さて、始まりの時間となって子供たちをはじめご家族が集まり始めました。お土産のお菓子の袋をもらって、さあ、遊ぼう!









早速、スーパーボールすくい、ヨーヨー釣りのコーナーには子供さんの人だかりが。何個も取ってご満悦の子も。



工作コーナーも盛況です。クリスマスリースの工作も楽しそう!
上手くできたかな?






もちろんツリー作りはとってもうまくいきました!








遊びだけではありません。今回のもうひとつの目玉として「手作りチョコバナナ」のコーナーが。バナナにチョコを塗って、トッピングも自由に。女子に大人気です。








そして、会場ではおやつを楽しめるコーナーもあるので、皆さんが集まります。親御さんにとっても休憩スペースとして大人気です。





お絵描きコーナーやボールダーツなど会場には遊びがいっぱい。子供さんたちは飽きることなく遊びができます。







いつの間にか会場はくさんの人が参加してにぎわっています。




最後に全員でビンゴ大会。賞品もたくさんあるので、みんな楽しみに参加しています。
早くビンゴにならないかな!




とても楽しい手作りイベントを拝見しました。
住民の方の趣味や特技を生かして毎回とても工夫されたアトラクションを編み出す力
これがマンションのコミュニティ創りなのだと改めて実感しました。

住民の方とお話をしている中で、「子供たちが成長して対象年齢の子どもが減ってきた。いつまで続けられるか。」とのお話もありました。
実際に竣工から時間が経つにつれ住民の年齢も上がってきます。日本の多くのマンションが抱える「高齢化」問題にかかわることです。
でも、子供が減ってもその分成長した若者も出現するので、その若い力を生かした大人のイベントに変更していくこともマンションのコミュニティの形ではないでしょうか。
是非、その時その時に合わせた形に変えながら、コミュニティのために継続していただきたいと思います。

ACTIVE!!マンション応援プログラムでは、まだまだ応募を受け付けています。当社スタッフもお手伝いをさせていただきマンションコミュニティ創りをお手伝いさせていただきます。各管理組合の皆様は、当社のマンションライフアドバイザに是非一度、お気軽にご相談、ご応募ください。

株式会社テンフィートライト
ACTIVE!!マンション応援プログラム事務局 城戸