2021年11月16日火曜日

応援イベント取材レポート<110>

20211016日(土曜日)曇り


今回の「ACTIVE!!マンション応援プログラム」イベントレポートは、千葉県我孫子市のマンションで開催された「秋まつり」です。

お住いの皆さんが待ちに待ったイベントですね。

昨年からのコロナ禍の影響でおまつりが開催できなかったのですが、101日に緊急事態宣言が解除となり、やっと開催できることになりました。


こちらのマンションでは、昨年1月の冬まつりまでは「おまつりグループ」が主体となっていたようですが、現在は、自治会のイベント部会が中心となって活動しているそうです。

開催形態が変更になって第1回目のおまつりだそうですが、慣れないこともあったり、コロナ禍の影響もあったりで、大変ご苦労されたようです。

開催できることになり本当に良かったですね。


今回の秋まつりでは、弊社テンフィートライトの「ホコロコインターネットサービス」と「災害共助SNS『ゆいぽた』」に関するご質問や登録について、その場で対応させていただくブースをママラウンジに設置させていただきました。
ご理解ご協力有難うございました。









早くから主催の自治会の皆さんが走り回っての準備、そして、朝市、キッチンカーなどの準備など、忙しい一日が始まります。

朝市では野菜や卵はもちろんのこと、栗のおこわや竹の子のおこわ、団子やおもち、ジャムやドレッシングなど様々な食材が並んでいます。

どれも美味しそうです。




「おもちゃクリニック」、他マンションのイベントではあまりお見受けしない珍しいコーナーですね。




バルーンアートのお花やサーベルも作られており、色もとてもカラフル。

メタリックカラーもあるんですね。



さて、開催の挨拶です。いよいよ「秋まつり」が始まります




緊急事態宣言が解除されたからと言って油断はできません。

感染防止対策の注意事項がしっかり案内されています。

その上で皆さん楽しみましょう!







だんだんと人出が多くなり、キッチンカーに列がきています。

秋の味覚石焼き芋、たこ焼き、ピザ、マンゴージュース、ジェラートソーダなどなど




なになに?ハワイで人気の揚げたてドーナッツ「マラサダ」(元々はポルトガルの伝統的なおやつだそうです)というのもありますね。

 

参加されているご家族にインタビューしてみました。

ふっくらアツアツの石焼芋は、甘~くて、「とろとろ~」でとても美味しいとのことでした。

子供さんのグループは、久しぶりのイベントで、前の日からお小遣いをいくら持っていくかを話し合って、とても楽しみされていたようです

 

森の中のオープンカフェでは・・・


とても明るい方々がいらっしゃいました。

フラダンスのサークル活動をされているとのことですが、発表する機会もなく、飲みに行く機会もなくストレスがたまっていたようです。


こちらのカフェは、リニューアルされてとても広く感じ、ゆったりできる空間となっています。ロールアップ式のスクリーンが設備されています。







森の中のカフェの外では、朝市と抽選の引換所で盛り上がっており、弊社で協賛させていただいた景品もありました。当たった方、喜んでいただけたでしょうか。

「おめでとうございます。いつもよりも多めに拍手させていただいております!」

 







こちらのマンションでは、コミュニティーをとても大切にされていて、そこが売りでもあると仰られた住民の方もいらっしゃいました。

 

107日には関東で地震(最大震度5強)がありました。自治会では今後さらに防災活動にも注力されていくとのことです。

今後とも弊社サービス「ホコロコインターネット」、「災害共助SNS『ゆいぽた』」をご利用いただき、そして、来年もACTIVE!!マンション応援プログラムを是非ご活用ください。

また、感染者が少なくはなっておりますが、これから乾燥する季節になりますので、まだまだ感染対策を十分にしていただければと存じます。 

皆様、本当に有難うございました。

ACTIVE!!マンション応援プログラムでは、まだまだ応募を受け付けています。当社スタッフもお手伝いをさせていただきマンションコミュニティ創りをお手伝いさせていただきます。各管理組合の皆様は、当社のマンションライフアドバイザに是非一度、お気軽にご相談、ご応募ください。

株式会社テンフィートライト

ACTIVE!!マンション応援プログラム事務局


2020年2月4日火曜日

応援イベント取材レポート<109>


20191110日(日曜日)晴れ

今回の「ACTIVE!!マンション応援プログラム」イベントレポートは東京都清瀬市のマンションで開催されました「防災訓練」です。

役員の方、ご協力をいただく中心メンバーの方々が集合。事前のリハーサルをもとに本日の打ち合わせを行います。皆様真剣に聞いています。

説明、質問の後は「本部」「情報班」「救護支援班」「防火安全班」「物資班」と各班に分かれて打ち合わせです。



打ち合わせが終わると、皆様で本部設営、物資班は非常食の試食の準備、防災用品の展示を行います。



訓練開始の挨拶が行われ、いよいよ訓練が始まります。

多摩地区で震度6強の地震が発生。
管理組合は災害対策本部を設置し、居住者の安否確認・救護、建物内も安全点検などを実施するという想定です。





第一訓練は「居住者の安否確認・救護、建物・敷地内の安全点検」です。
各班それぞれ役割にそって分かれていきます。

まずは「情報班」







住戸リスト、トランシーバーを持って建物内を二人一組になって安否確認ステッカーの確認をしていきます。
1フロア確認する都度、本部と連絡を取り合います。


ここで「情報班」が「救助・救援が必要」のステッカーを発見したようです。



お住まいの方から状況のヒアリングを行います。

こちらの方は今すぐの救護は必要なさそうです。
このような状況は随時トランシーバーで本部へ連絡します。



こちらは「防火安全班」
危険な箇所を発見したようです。
リストに記入し本部に報告します。
必要に応じ立ち入り禁止テープを張るなどの措置を行います。







本部の方も忙しくなります。
各班からの報告をリストにまとめていきます。




「情報班」より「救護支援班」に出動要請です。
「救護支援班」は、血圧確認など対応メモに内容を記入しながら対応をしていきます。

今回の防災訓練では、居住者の方にも協力をいただいて何名か救助・救援が必要のステッカーを出しているようです。

対応後はトランシーバーで本部へ報告です。




「物資班」の方は非常食の試食の準備が整いました。










この間も、「本部」では集計を続け、最終的に全世帯分の「安否確認不要」「救援・救護が必要」「掲示なし」をボードに記入しました。



続いて第二訓練です。

まずは、初期消火訓練です。
消防署の方から説明の後、実際に水消火器を使って体験です。お母さんと一緒に小さなお子さんも加わっています。将来も安心ですね。


続いては、AEDの取り扱いです。

説明の後は色々と質問が出ましたが、小さな子供への使い方は特に気になったようです。







最後に消防署の方からの講評、市役所の方からのお話があり訓練は終了です。







訓練終了後は、片付け、反省会です。
反省会の前に弊社提供中の災害時時支援サービス「ゆいぽた」の説明会をさせていただきました。ぜひ有効的に使っていただきたいです。

説明会の後には、しっかり応援金もお渡しさせていただきました。







かなり本格的な防災訓練を毎年続けているマンションですが、このような訓練の積み重ねが、実際の災害発生時には役に立つのだと思います。今後もぜひ、実践的な訓練を続けていただきたいです。

ACTIVE!!マンション応援プログラムでは、まだまだ応募を受け付けています。当社スタッフもお手伝いをさせていただきマンションコミュニティ創りをお手伝いさせていただきます。各管理組合の皆様は、当社のマンションライフアドバイザに是非一度、お気軽にご相談、ご応募ください。
また、「ゆいぽた」にご興味がある管理組合の皆様もお気軽にご相談ください。

株式会社テンフィートライト
東日本営業ユニット 高山

2020年1月27日月曜日

応援イベント取材レポート<108>


20191019日(土曜日)雨のち曇り

今回の「ACTIVE!!マンション応援プログラム」イベントレポートは千葉県千葉市のマンションで開催されました「消防訓練・懇親会」です。

当日は小雨の降る中、朝から役員様方が打合せを行い、訓練の段取りを確認します。
「今回までは管理会社主導で実施していましたが、来年からは管理組合を中心に実施しましょう」と管理会社の担当の方からお話がありました。実際の災害時には管理会社を頼れない場合がほとんどなので住まいの方だけでも動ける体制、コミュニケーションは必要ですね。










今年は雨のため訓練内容は縮小されたとのことです。

雨の中消防署の方が到着しました。

ここで第一のトラブルです。当初の予定では通報訓練で実際に消防署に電話をかけてみる予定でしたが、付近で昨晩からの火災が鎮火しておらず電話をかけると混乱するので、かける真似だけで行うことが知らされました。


間もなく訓練の開始が近づきます・・・が、警備会社の方が来ない!
第二のトラブルです。緊急出動のためマンションに来られないそうです。

実際に非常ベルを押して開始の予定でしたが押す真似だけにして、館内放送で訓練開始が伝えられます。





今回は、館内での火災を想定した訓練です。

住民の方が階段を使って集合場所のエントランスへ集まってきました。いつもは駐車場への集合ですが雨のため予定変更です。
集合し、点呼を取って消防署の方へ報告です。


報告後は、消防署の方から挨拶があり、消火訓練になります。




今年は雨のため室内で説明です。
皆さん真剣に聞いています。



説明の後は屋根のあるところで、水消火器を使って実際に消火訓練を行います。管理員さんの作った的をめがけ順番に体験をしていきます。お子さん達も親と一緒に訓練に参加しています。心強いですね。

消火訓練の後は、通報訓練になります。


役員の方が消防署の方とやり取りを行います。
情報や建物の目印になるような場所をしっかり伝えられるようにしましょう。


訓練の後は消防署の方からの講評です。

「皆さん避難の際は、ハンカチや手ぬぐい等をもっていますか?」

「・・・・・」

今回は火災が想定です。
火災での避難の際は、煙が想定されます。
煙を吸ったら危険ですね。
濡らしたハンカチや手ぬぐい等で鼻や口を押えて避難しましょう。


講評の最後は質問タイムです。

Q.停電後の通電火災と言う話をよく聞きますが注意することは?
A.スイッチを入れたまま避難して、通電後に家電が動き出して火災につながる。ドライヤーなどは注意が必要。停電時に外出する際は、ブレーカーを落としておくと良い。感震ブレーカーなどもある。
Q.消防車は何分くらいで来る?
A交通事情にもよるが.5~7分くらいで来る。
それまでは消火器や室内消火栓による初期消火を行う。火が天井まで届いたら逃げる。決して火の中には飛び込まない。
Q.スプリンクラーの効果は?
A.結構ある。油だと厳しいが、火の温度を下げる効果はある。
など。
ACTIVE事務局注:上記の質問と回答については、条件によって変わることがありますので、必ずご自身で消防などにご確認ください。)

講評の後は、管理会社担当の方よりお話があり、一旦解散です。

解散後、役員の方々は早めに集まり懇親会の準備です。

ここでトラブルか?料理が届かない・・・



大丈夫でした。少し待っていたら来ました。
良かったですね。
無事料理も並んでいき準備完了。
住民の方々が集まるのを待ちます。


集まったところで、副理事長の挨拶・乾杯で懇親会は始まります。

各々楽しそうに食事と飲物を取ってご歓談です。

とても賑やかな懇親会となりました。





ここで、恒例のビンゴ大会の始まりです。
一人に1枚、ビンゴカードが配られました。

管理員さんがビンゴの機械を動かし、数字が読み上げられていきます。


しかし、なかなかビンゴが出ない・・・

もう少し続けます。



最初のビンゴが出ました!

目玉の景品は商品券のようです。
何を選ぶのかな?

ボールペンです。
皆から称賛の声が上がります。

引き続きビンゴは続きます。
当たって喜ぶ方、祈る方、それぞれです。



最初に当たった女の子のご家族は、お兄ちゃん以外全員当たっています。

本人真剣です。
最後は家族全員当たりました。
運が良いご家族ですね。






景品もなくなり、しばしご歓談の後、管理会社担当さんの挨拶で終わりになりました。








お住まいの方々のコミュニケーションが良く取れているマンションだと思いました。このコミュニケーションで来年は管理組合主体の活動が良い訓練になることを願います。

ACTIVE!!マンション応援プログラムでは、まだまだ応募を受け付けています。当社スタッフもお手伝いをさせていただきマンションコミュニティ創りをお手伝いさせていただきます。各管理組合の皆様は、当社のマンションライフアドバイザに是非一度、お気軽にご相談、ご応募ください。

株式会社テンフィートライト
東日本営業ユニット 高山